昭和クラブ

音楽制作やバンドの活動などの情報発信。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レコード音楽の制作現場での見習い生活が始まりました。1枚のレコードが発売されるまでには、通常では約半年前からスタートします。実際の企画が会社(制作)の会議で承認される前を入れるともう少ししかかるかもしれません。企画書を書いて制作内部の承認があってから、実際のレコーディングに入る準備になります。立ち上げた企画に、予定しているアーチスト・事務所・作家などの了解や発注・スケジュールをとる作業から始まります。作品が出来る日を決め込んでアレンジャーやスタジオのスケジュール押さえや、ミュージシャンを予約手配します。それまでに作品の吟味や手直し打ち合わせなどがあります。アルバムの場合はレコーディングだけでも3ヶ月、歌手によってはもっとかかることもあります。音が出来上がる頃と平行して会社の営業や宣伝を含めた発売決定会議にかけます。立場や評価によって発売枚数の規模・宣伝費のかけかたの思惑が違います。昔はこの会議が戦場でした。戦場の様子はまた・・・。見習として最初に打ち合わせか5ら参加したアルバム企画は「歌と音でつづる明治」という企画でその年のレコード大賞企画賞をとりました。当時の参加作品などはHP昭和音楽市場昭和ヒストリーページで。


スポンサーサイト
バンド活動中心の大学生活も終わりに近づき、就活の結果レコード会社に決定した。その時の気持ちは、好きな音楽は趣味、仕事ではどんな音楽でも真剣に向き合わなければならない。そんな覚悟で臨みました。それ以前に実際問題として、会社に入るわけですからどんな仕事になるか分かりません。「北海道でセールスをしてくれ」とか、「経理で給料の計算をしてくれ」「工場でレコードの整理をしてくれ」などは会社が決める事です。同期では10人位が入社しました。幸せな事に私はレコードの企画制作部門<教育ものなどの学芸教養課>に配属になりました。今まではお金は使うものでしたが、これからは稼ぐという反対側の世界に入ります。ここからのストリー">仕事は昭和音楽市場~昭和ヒストリーに作品などあります。

king.jpg
大学に入学直ぐにクラブ活動でAMS(青山ミュージック・ソサエティ)でブルーグラス音楽(楽器バンジョー)の練習に励みました。高校から一緒の三神さんはフラットマンドリンでした。楽器の説明は後日します。世の中丁度フォークブームで私たちブルーマウンテン・ボーイズも結構人気が出て、学業よりもライブ活動が忙しくなりました。2~3年生の頃はピークでした。「昭和ダイスキ(ブルマンSP)」参照。想い出の出演場所は御茶ノ水日仏会館、都市センターホール、厚生年金会館ホール、渋谷公会堂、東京オリンピック選手村、アメリカ駐留軍クラブ、銀座テネシー、東北女子刑務所、色々なところでやりました。TBS大学バンド合戦ラジオ、フジTVスタジオライブ番組など夢のような4年間でした。

BMBprg1FJ.jpg
今日ラーメン屋「丸長荻窪店」に行って来ました。この店は私が小学校へ行く前頃に親父の肩車で行った店です。日本酒を頼むとメンマが小皿に来るので、横から少しつまむのが楽しみでした。今の店長の親父の頃で60年も昔の話です。荻窪に住んでいると、飲み屋などの会話でラーメンの話が出ます。極力話題のために荻窪ラーメンはフォローしていましたが、どうも最近若者向けの豚骨や脂っこい店が増えてフォローし切れません。お勧めは丸長はもちろん、2番目は丸信でした。荻窪北口がバスロータリー拡張のためにお店がなくなる前によく行きました。現在は系列店が杉並公会堂の先にありますが少し味が違います。でも時々行きます。また流れの店が西口白山神社前に「菊池」の名前であります。春木屋は昔行きました。まだ親父さんとおカミさん娘さん(美人)の3人でやっている頃です。奥座敷が有り、日大二高の生徒さんがよく来ていました。メンマが赤かったのが印象です。実は本店が青梅街道の線路の反対側の奥に有り、日本そば屋メインでやっています。ラーメンもやっていますが、おばさんが色々春木屋ストーリーを話してくれます。

marucyou.jpg
sakura.jpg
今日さくらを見に行きました。近所の善福寺川公園です。善福寺公園とは違います。あまり表には出ませんが、地元のファンで賑わいます。後から聞いた話ですが、尊敬するアールスクラッグスと言うアメリカのバンジョー奏者(と言うよりも創始者)が3月28日に亡くなったそうでした。情報は本日聞きましたが、実は桜を見ながらアールスクラッグスのバンドの演奏を聴いてホロリとしていました。ブルーグラスはそんな音楽です。昭和音楽市場カントリー&ブルーグラスで情報を。
昨日芹洋子さんの昭和歌謡コンサートに行ってきました。ハトバス主催のオリジナルコンサートで、昭和の歌謡曲をヂュークエイセスとのジョイントでたっぷり2時間以上聞かせていただきました。お客様はハトバスツアーの方たちで浅草公会堂が八割位埋まっていました。やはりお年寄りが中心ですが、皆さん好きな歌には手拍子をして楽しんでいました。私も「鐘の鳴る丘」主題歌、「東京のバスガール」「東京五輪音頭」「おさななじみ」など懐かしい曲ばかりで楽しめました。芹さんも声が良く出ていて、デュークとのコラボもさすがプロ・・・でした。「東京五輪音頭」は改めていい曲だったなあ・・・と思いました。何よりも日本風だったのがよかったですね。芹さんお疲れ様でした。芹さんの情報は昭和音楽市場:昭和歌謡曲で。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。