昭和クラブ

音楽制作やバンドの活動などの情報発信。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リカちゃん人形が流行っていた昭和40年代の後半に、玩具メーカー[タカラ]さんとタイアップで「リカちゃん音頭」を制作しました。結構大胆な詞で物議をかもしました。(詳細は昭和ヒストリーで)2作目は<リカちゃんのお医者さんセット>という商品のTVCMタイアップ曲で、詞の内容も更にエスカレートしました。若気のいたりでよくやったと思います。
そんなタカラさんとのつながりで、先方より昔大ブームになった<ダッコちゃん人形>を再プッシュしたいので歌を作ってほしいと依頼されました。、ちょうどデビューを考えていた近田春夫&ハルヲフォンで挑戦しました。曲は「FUNKYダッコNo1」外国の女性歌手がボーカルで、当時流行のバンプのリズムを取入れ、踊りの振り付けもジャケットにいれました。
とりあえずご愛嬌のシングルの後にハルヲフォンはアルバムを3枚発売し、特に「電撃的東京」はマニアの間で評価されました。
電撃的東京電撃的東京
(2004/04/07)
近田春夫&ハルヲフォン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://showaclub.blog.fc2.com/tb.php/31-e76ac58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。