昭和クラブ

音楽制作やバンドの活動などの情報発信。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ(ナッシュビル)のラジオ局が主催したブルーグラスの登竜門ライブショーの、東京版の位置づけでスタートしたブルーグラス・カントリーの演奏会でした。当時はこいう音楽の演奏を生で聞けるケースは殆どなく、毎月楽しみにしていました。有楽町のヴィデオホールが会場で、幕が上がる前の時報のような演奏音と共にバンド演奏が始まるとワクワクしたものでした。寺本圭一、ジミー時田、井上高、対仲兄弟など日本を代表するウエスタンのスターが入れ替わりに演奏をしました。(昭和カントリー・ブルーグラス)後にはハンク・スノウなど本場のスターも出演しました。ちなみに大学に入ってから私たちが結成したバンド「ブルーマウンテン・ボーイズ」も、インターカレッジ・ヘイライドのパートで出演しました。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://showaclub.blog.fc2.com/tb.php/5-77096b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。